40 > 19. 化粧

 ショウウィンドウに映る自分が、し慣れない化粧のせいで知らない女のように見えて、ぎょっとする。
 彼といると私はどんどん私でなくなる。(64字)

----------

 化粧、好きじゃないです。どうせしなきゃいけないものなので、好きになりたかったですが……。
 男の気を引くための身だしなみなんかじゃなくて、気合いをいれるための武装! な「化粧」を書きたいとも思ったのですが、結局こんなネガティヴに。

 これから国立競技場へ行ってきまーす。

40 > 18. 仕事

 厭な顔しないで何でも引き受けて、偉いね、とそっと耳打ちしたら、仕事ですから、ときれいに微笑まれた。
 その笑顔も仕事の内なんだろうか。(65字)

----------

 風邪ひいたり免許の学科試験受けたり(なんとか免許取れました!)、何だかぼんやりしてる間に5月が終わってしまいました。まる1か月あけてしまった……怠けるにも程がある……!
 先日店で急に「まわりに文学を志してる人います?」って訊かれて、まわりにもいるけど、むしろあたしがそうです! ……と言えずにお茶を濁してしまったんですよね……現状書いてなさすぎて……。胸を張って私書いてます、と表明できるようになるためにも! もうちょっとこう、どうにかしよう……

 ちなみに私も仕事中はほとんどイヤとは言いませんが、お客様以外へのスマイルは有料オプションです(……)

40 > 35. 渇き

 ひと口頂戴、と僕の手から奪ったソーダを飲む彼女の、日焼けした喉元が眩しい。瓶を奪い返して飲み干しても、僕の渇きはおさまらない。(63字)

----------

 どうにも調子が出なくて、GWに入ってからも引きこもりがちだったのですが、天気も好いので久々に池袋まで買い物に出ました。暑い!
 サンシャインシティ、パルコ、西武と思う存分うろうろして、時計と指輪(予定外)とスニーカーを買ってやった。途中古本市につかまって、ヴィジュアル系音楽雑誌のバックナンバーに錯乱しました……が我に返ったので、戦利品は岩波文庫の『恐るべき子供たち』だけです(笑)
 やっぱり外に出るとうきうきしますね。

40 > 24. 悲しみ

 物語の中のエルフならよかった。間違いなく今、この場で死ねた。
 私が人間で、こんなに悲しいのに平気で生きていられることが何より悲しい。(65字)

----------

 好きなミュージシャンは間近で見れば見るほど遠いです、と店で口を滑らせて「……乙女ですね」としみじみ言われてしまいました。
 ああ……せっかく今日まで頑張って下ネタトークも受けてたってきたのに……。もう何もかも無駄だ(?)しかも私、今日体調悪くてスッピンでこ汚い虫なのに、そんな日にオトメとか虚しすぎる……。まあそもそも軽く熱があるから浮かされて自己開示しすぎたわけですが。

「乙女」と言われたことが、何か見抜かれてしまったようで妙に悲しくて、その感じを65字以内にまとめたかったのですが全然無理でこうなりました。
 言うまでもありませんが「物語」は『指輪物語』。エルフは悲しすぎると死にます。

40 > 36. 浪漫

 どこまでゆくのですかと問うと、遠くまで、と彼は低い声で呟いた。太陽に真っ直ぐ顔を上げて、裸足で歩いていく。もうすぐだ、と信じて。(64字)

----------

 ……先に白状します。モデルは遠藤くん……です……
 どーーしても思い浮かばなくて、ソフトバレエの「ROMAN」という曲を使ってしまいました……。

 書きやすいお題から片付けていくから、難しいのばっかりあとに残る、のもペースが落ちる一因なのかな……修行が足りなくてすみません……

40 > 37. 季節

 空の青が濃くなった。校庭も、花のきいろやももいろはいつのまにか減って、緑ばかりになっている。
 新学年にも新学級にもまだ慣れない。(63字)

----------

 色を沢山使いたいなー、と思いつつ。

 それにしても現実の季節感はどうなっているんでしょうか。4月も半分過ぎたというのになんだこの寒さ。オーバーコートが欲しい気温ですよね。
 なんかもう、寒くて動けません……

40 > 38. 別れ

 手を振って、お互い逆の方向に歩きだしてから真顔で俯く。きっともう会わない人だろうなあと思って、今更言えなかった言葉を思い出す。(63字)

----------

 私は「言いたい」と思ったことは何だかんだで言ってしまう方なので、こういうことはあまりないんですが。
 言わなければよかった、と後悔することはあります。しょっちゅう、というかほぼ毎日です。

 まいにちねむい……
 もう家にいるあいだは全部睡眠時間ないきおいで12時間とか寝ています。起きていられない。
 免許も大詰めなので学科の勉強しなきゃいけないんですが……
 目前にせまるお別れから逃避したいのかも知れません。

40 > 06. 電車

 通勤準急を一本見送り、いつもの各停の定位置に腰をおろして息をつく。課長でも父でもない私だけの35分の為なら、早起きなど安いものだ。(65字)

----------

 私は最寄り駅が始発で座れるので、朝、電車のなかでこのお題を考えることが多いです。
 で、昼休みにアップロードする。

 ……というのがしかし、ここに来て乱れがちです……
 予定を詰め込み気味にしていたら、週末のいちばんだいじなとこにきて体がついていかなくなり……楽しみにしていた静岡日帰り旅行には行けずに家で死んでおりました……(泣)
 自業自得なんですけどね。直前のENDSライヴで頑張りすぎたとかね。

40 > 11. 本

 皆そう言ってるよ、と威張る弟に、皆って誰よ、と問うと、三島とか寺山とか美輪明宏とか、と平然と言う。
 今度は何の本にかぶれたんだろう。(65字)

----------

 何の本にかぶれたのかは私にもよくわかりません(笑)

 ここ2、3日の寒いなかをうっかり薄着でうろうろしてしまい、体を冷やしてしまった気がします。風邪はひいてないと思うんだけど。
 頭ががんがんするのは仕事でへんに疲れたせいだ、多分。

40 > 15. 信仰

 今すぐ跪いてしまいたい。あたし、あの声のためなら何だってする。
 ドームの遠いステージで彼が歌い出した途端、膝が震えて涙が溢れた。(63字)

----------

 LUNA SEAとかXのイメージで。
 すごいバンドのすごいライヴはほんと神がかった求心力でした。

 ペースダウンしてきてますね……
 頑張ります。