紙媒体 > 『胡蝶』

 第3回文学フリマ、今年は無事に参加できました。事前に告知しますとか言っておいて一切できず申し訳ありませんでした……さらに事後報告もえらく遅れてしまって大変申し訳ありません……。
 徹夜明けで文学フリマ→中いちにち置いてENDSのアンプラグドライヴ×2デイズ、という楽しくも忙しい日々でオンライン繋いでる余裕がありませんでした、すみません。あーENDSは素晴らしかった……遠藤くんの声は日本の宝です。遠藤遼一、最高!! 新譜の「THE COUNTER」も毎日狂ったように聴いています。

 あっ、文学フリマも楽しかったです! 思ってたよりお客さんが多く、活気のあるイベントでびっくりしました。私は一睡もしてなかったので、会場製本(ご迷惑おかけしました)が終わってからはひたすら朦朧としてたんですが……すみません……。
 そう、会場製本だったんですよ……バイト一日休んだのに結局ギリギリで、それでも清書が前の晩の8時ぐらいに終わったので眠れるかなあと思ったのですが……DTPに結局ひと晩かかってしまい……。しかも平綴じ用のホッチキスが見つからなくて、普通のホッチキスで製本しました……消しゴム使って……。
 ペーパー交換してくださったお隣のサークルさま、立ち止まって手にとって下さった方々、遊んでくださった方々、応援してくださった方、何も聞かずにコピー機を使わせてくれた父(笑)、本当にありがとうございました! 来年も出たいな〜。

 それにしても発行物がきもちわるく……ほんとすみません……。
 しかも本だけでなくペーパーもきもちわるかった……初対面で「初めまして」と言って渡す文章がアレってどうなのか……いや、せっかくだからオンラインの痛覚エッセイとは違うテキストを、と思ったんですよ……思ったんですが……。アレだったらオンラインの再録のほうが良かったかも、とあとで思いました。つくっていたときもう眠くてよくわからなかったんだと思います。
 あんなものをいきなり手渡されてしまった方、心中お察しします……オンラインではもう少し毛色の違う痛エッセイ書いてますので、どうかこれに懲りず見てやってください……。

 そんなきもちわるい小品「胡蝶」のご案内を載せました。お手にとって頂ければ幸いです。

100 >「すべて世はこともなし」(011:柔らかい殻)

 意を決してWordを立ち上げて清書を始めたら思ってたより全然楽で、こんなことなら2か月も放置せずちゃっちゃとアップしておけばよかったと心底思いました。
 あ〜やっと5つクリアだ……あと……95題……(めまい)

 100は今のところ、「001:クレヨン」以外はもともと自分の中にあったり突然ふっと湧いたりする小さなネタを、はまりそうなお題に引っかけて書いています。そうするとフィクションというかたちに仕立ててはいるけれど、私自身の「言いたいのに言えないもやもや=マイナス感情」含有量がどうしても多くなる、ようです。
 我ながら未熟で困ったもんだと思いますが、しかしこのマイナスを書き尽くしてしまわないことにはプラスにならないということも薄々わかってきました。ので、今は深く考えずとにかく出てくるものを書いていこうと思っています。
 100も書けばいい加減マイナスもネタ切れだと思うんだよな……。そのとき、ゼロから前へ進めるようになるか、気が済んで潔く作家を諦められるか、どちらにしても楽になれそうなので、当面クリアを目指して書くのみです(自分に言い聞かせています)

 ……というか三日にひとつなんてそもそも物理的に無理だぜと思っていたけれど、3000字ぐらいの短い話なら頭の中にぼんやりある状態から下書きまで一日でもっていけることがわかってしまいました……。その気になればできるんだなあ(他人事)……その気になるのが大変なんだけどね……

 文学フリマも出店は決まりました。今年こそ本を出す……! 近くなったら情報を載せていきたいと思います。青山ブックセンターが経営破綻したときはどうなるのかと思ったけど、開催されるということで、ほんとよかったなあ……
 ところで私は新宿ルミネ2の青山ブックセンターが都内でいちばん好きな書店だったので、潰れたと聞いたときは本当にショックでしたよ……。復活を心から応援しています! 応援するあまり読めもしないのに再開支援フェアの洋書バーゲンで「Lord of the Rings」のペーパーバック3冊揃えちゃったりしてるよ! 9月29日には営業再開する六本木店へ遊びに行くつもりです。

痛覚エッセイ >「居場所」

 2年ぶりに痛エッセイをイチから書きました……ネタそのものは大学在学中からずっとうじうじ抱えてたのですが。実はあの、100も下書きまでは終わってたりするんですが(しかもひと月くらい前に)どうにも清書する気がおきなくて……ですね……
 いや、7月の半ばぐらいからずっとテンションが下がり気味で気力も落ちていたのですが、痛エッセイは自分の根暗な部分を掘り起こして書くので、ダメになっているときはむしろすらすら書けて、こっちが先に仕上がってしまったのですよ。あー、それにしてもまた大学への恨み言になってしまった……いつになったら大学に対するもやもやを捨てられるのかなあ。
 ともあれ、これを書いたらだいぶ軽くなりました。気合いを入れて100も早くどうにかしたいと思います……

 早いものでもうすぐ8月も終わりですねえ。テンション低いとか言いつつ海に行ったり山奥の温泉に行ったりして、何だかんだで夏を満喫してるな私……。でもやっぱり夏休みは2か月欲しい……

カウンタ再設置/リンク追加

 ご、ご無沙汰しております……しかも久々にのこのこ現れたわりにテキスト更新じゃないです、ほんともう何と言ったらいいのか……。いやあの、テキストが上がるの待ってる間にメンテナンスが滞ってしょうがなくなってきたので、恥をしのんで……
 そして管理人は生きております。ここひと月ほど廃人寸前でしたが、ともかく生きております。

 ええと、カウンタを直しました。数値は覚えてなかったので適当に400ぐらいからリスタートしました。あとmoeraeさんからリンクの許可を頂いたので貼らせて頂きました〜。三人の書き手さんの個性が良い意味でバラバラなのでバラエティーに富んでいて、かつどれも読み応えがあって、いつも楽しく読ませて頂いてます。とってもオススメです! 創作・小説でサークル活動というのは物理的にも精神的にも色々大変かと思うのですが(涙)、陰ながら応援してます……ファンです(告白)

 あ、それと、どうでもいいご報告ですが今年も文学フリマ申し込みました。去年のような失態だけはすまい……(宣誓)自分のなかでここまでやったら申し込もう、とか何とか無駄にハードルを設定していたばかりにギリギリのエントリーになってしまいました……要は進行がちっとも目標どおりでないということです。それもこれも7月中廃人だったのが全部いけない……休日は膝を抱えながら汁を垂らしながらネットサーフィンに費やした自分をもの凄く恥じるよ……!
 それでも去年のような失態だけはすまい。がんばります。

100 >「わたしは空を抱きしめていたい」(096:溺れる魚)

 ちょっと油断すると2か月ぐらい平気で経ってしまう時間の残酷さにビックリです。目標は週イチ、最低でも月イチ……(自分に言い聞かせている)
 狙ったわけではないですが(5月中に書き上げる気満々だったので……6月中に間に合って良かったなあ!)季節ものになりました。結婚ネタです。いとこが立て続けに結婚したので取材はバッチリですよ。

 起きてバイト行って帰って寝る、以外には基本的に何もない生活をしてるので、ちょっと文章を書くのをサボるとすぐ、「どうして生かされてるのかこの俺は……」とかそういう感じにうじうじしてしまいます(笑)がんばろう……

100 >「マルボロ・メンソール・ライト」(004:マルボロ)

 だいぶ目標の更新ペースに近づいてきました。バイトの昼休みに、毎日こつこつ(こそこそ?)進めていたら、案外らくに書き上がった……。同僚と親交を深める機会を捨てた甲斐があるってものですよ! 文章力のためなら孤独なんか怖れませんよ(涙目)

 母体サイト(センチメ)をロリポップサーバに移したことに伴って、ディレクトリをかなり乱暴にいじりました。ちゃっかりインデックスも動かしました、ご迷惑おかけします……。リンク切れ等あったら教えて頂けると大変ありがたいです。
 見やすくしたいと思っていたこのメモもやっとリニューアルできました。実はスキン自作してapeboard設置、とかいう夢を見ていて既にCGIダウンロード済だったのですが、当面あきらめました……。というかそこまでする必要がないことに気付きました。エンピツはカスタマイズしやすくていいなあ。

100 >「無限のデジャヴ」(022:MD)/痛覚エッセイ >「微熱」

 お久しぶりです。生きてました、ごめんなさい。このサイトに本気で取り組もうと思った矢先に、ちょっと自分のことで混乱しまして……まあそれもなんとか一段落して、今は平穏な日々を過ごしております。

 そんなこんなでテキストコンテンツをようやく更新できました。100のお題を「理想は三日にひとつ」とか言ってたのどこの誰ですか。現実は3か月にひとつだよ……ひどい有様です。改善したい。
 しかもエッセイ・100ともに使い回しだし。ほんとにもう、今年こそは真面目に文章書きたいです(と、かれこれ3年ぐらい言っている)いつだって本気でやる気なんですが!

 ほとんど休止状態で申し訳ありませんでした、が、継続していく意志はありますので気長にお付き合い頂けると嬉しいです……ううっもの凄く勝手な事を言ってるなあ私。
 サイトデザインも自己満足的にちまちまいじりました。壁紙を足しています。

100 >「深緑」(001:クレヨン)

 やっと! 100のお題をはじめられました〜!

 27日に告知してしまったので一応27日オープンということになっていますが、私の気持ちとしては28日正式オープンという感じです。せめてひとつくらい、小説(というほどのものではないのですが)を置いてから公開したかったのです、本当は。

(なお、100のお題の更新ペースについて三日にひとつとか一週間にひとつとか夢を語っておりますが、10月は文学フリマの準備があるうえに環境が変わって身辺がばたばたすることが予想されるので、たぶん更新できないと……思います……。いきなり嘘ついてごめんなさい……)

はじめのごあいさつ

 見切り発車ですがオープンです。納得がいくまで作り上げてから公開、などと思っていると一生公開出来なさそうなので……。サーバのレンタル料一ヶ月分ムダに払っちゃったし。
 背景に入れるはずの写真の加工も全然間に合わず、デザインも最低限閲覧できればいいやという状態なので、見苦しいサイトで申し訳ありません。これから少しずつどうにかします……

 ウェブ上で読まれることを前提として小説やエッセイを書く、ということが実は私には出来ません。オンラインで読ませるならそれなりの見せ方・書き方(内容的なことというよりは、改行とか段落わけとかそういう視覚的な部分のことです)があるとは思うのですが、どうしてもオフラインの感覚で、切れ目のない、モニタではおそろしく読みづらい文章を書いてしまいます。やっぱり、私の書くものは紙媒体で読んで頂きたいなあというのが正直なところです。
 ですので、このサイトは文章を発表するための場所、というよりは、私の文章にとりあえず触れて頂いて、柳川麻衣という人がこんなものを書いているよ、ということを知って頂く(そしてあわよくば冊子体の作品を手にとって頂く)ための場所です。目的は発表より広告です(不純な……)

 いろいろ夢はあるのですが、どこまで実現できるだろうか……。とりあえず、こんなサイトでこんな制作者ですが、どうぞよろしくお願い致します。