40 > 27. 芝居

 唇がふれるギリギリに顔を寄せた瞬間に暗転、途端に彼は体を離して下手にはける。止まない客席の大歓声を聞きながら、僕は現実に戻れない。(65字)

----------

 さっきyoutubeで見た動画の場面をほぼそのまんま書いてしまった。ちょっと衝撃的すぎて……! 某ステージ映像だったんですが、いくら演出だってわかってたって目の前であんなことされたらファンは妄想と現実の区別がつかなくなるに決まってる。
 さんざん悩んで色んなシチュエーションを考えたんですがどうしてもまとまらず、結局BL(?)になってしまった……すみません。よりによって最後のお題がBLで締めって。
 でもこれでようやく40のお題コンプリートです! 年内に終わらせられてよかった……。後日、1ページにまとめたいと思います。

 ようやくPCを買い、光も開通して快適ネット環境を手に入れました!
 これで更新もバリバリできる……はず(なんですが……つい動画を見てしまっ……死)年内に文学フリマ新作のご案内も載せられるよう頑張ります。
 で、それに伴ってtwitterを始めてみました。IDはasa_coです。大したことは呟いてないですが、いずれ痛覚関連のお知らせなんかにも活用していきたいなー。

 今日は毎年恒例BUCK-TICKのDIQ@日本武道館でした。もう第九みたいな感覚になりつつある……。久々に「ミウ」が聴けてよかったなあ。