コミティア120&第24回 文学フリマ東京 ありがとうございました

 コミティア&文学フリマ東京の春のイベント二連戦、お疲れさまでした!
 新刊どころかペーパーすら用意できなかったにもかかわらず、ブースまで足を運んでくださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。
 おかげさまでビートルズトリビュート本『I Say Hello』は在庫がゼロになりましたので頒布終了とさせていただきます。また、天使アンソロジー『el』も残部がかなり僅少のため、今後はイベント売り、もしくは自家通販でお求めいただければと思います。

 

当日のブース1 当日のブース2

 

 初お披露目の『ロータス』新装版も予想以上にお手にとっていただけて嬉しかったです。さすがにもう行き渡るところには行き渡ったのでは……という思いや、旧版よりだいぶ頒価が上がってしまった心苦しさもあってちょっと不安だったのですが、まだ必要としてくださるかたがいらっしゃって、もう少し飛距離を伸ばせるのかな、とホッとしました。
 時間がかかってしまって申し訳ないのですが『ロータス』は今まで以上に手軽にアクセスできるように窓口を整備したいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 今回のお買い物は以下です(コミティアぶんと文学フリマぶんをまとめました)。

 

『「海へ行こう」と君が言う』(市井一佳)
『そらごと申す大納言』(唐橋史)
『魚たちのH2O』(孤伏澤つたゐ)
『dress』(霜月みつか)
『DYKES ON BIKES』(Miu Kayama)
『二人になるまで一人旅』(そらし といろ)
『稀人社通信 改』(稀人社)
『小禽豆本』(海猫風信社)
『少年電氣街通信』(海猫風信社)
『aneimo』(隙間社)
『バナナブレッドの午後 1970-80's少女マンガ逍遥』(SCOPEBOY BOOKS)

(順不同・敬称略)

 

 このほか、cielisteさんのはまむしーる、夜間飛行惑星さんの紙ものセットなどかわいいグッズを買ったり、共有結晶別冊『二次創作短歌非公式ガイドブック』刊行記念で行われた二次創作短詩ポスカラリーのカードを集めたり、欲しかったものはおおむね手に入れてホクホクです。
 普段はなかなかお会いできないかたともお話できたし、打ち上げも楽しかったです! 海外スラッシュのテンプレめちゃくちゃ面白かった……ジャンルがジャンルなのでここには具体的なことを何ひとつ書けないけど……。
次回は9月の文学フリマ大阪に出ます。抽選と聞いてヒヤヒヤしたのですが、ありがたいことにブースを頂けたので……今度こそ何か新しいものを用意して臨みたいです……!

 

 ちなみに京都から戻ってから何をしていたかというと、宝塚歌劇団花組の「雪華抄/金色の砂漠」を観劇し、衝動的にチケットを取った河村隆一さんと葉山くんの「人間失格」をフィーチャーしたライヴに会社をサボって駆けつけ、念願だった河村隆一さんのNo,Mic One Speaker チャーチツアーに行き、そんなこんなで魂が幻想のアラブへさまよいでたり天上へ召されそうになったりであまり現世に留まっておりませんでした。要するに遊んでいたんですけれども。ほんとうに申し訳ありません……!
 加えて5月の連休が終わってからやるつもりだった部屋探しをうっかり前倒しで始めてしまい、4月は不動産屋さん通いに費やし、4月末になんとか決まって目下引っ越しの準備に追われています。
 物理的には大した作業もなく楽勝なはずなんですが、2年前に実家に退避してきたときも、さらにその前に二人暮らしが破綻して無理やりひとり暮らしを再開したときも、今よりずっと切羽詰まっていたせいか身辺がまったく片付いておらず、とにかく段ボールに詰め込んでそのままにしていた記憶と記録の蓋をようやく開けて、あらためて向き合って整理する……というような状況でなかなか心が休まりません……。
 ともあれ5月中には完全に移って新生活をスタートさせる気持ちです。はやく別居していた小説や音楽と再会したい……そして今度こそ狭くても快適な作文環境を構築する……!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL