ゆく年くる年 16'-17'

 なんだか一瞬で大晦日になってしまったような2016年でした。あきらかに2015年(のとくに上半期)のほうが忙しかったはずなんだけど、体感は今年のほうが過ぎるのがはやかった……そんなに何かをしていた覚えもないんだけれども……。

 

 で、今年書いたものを振り返ってみました。

 

「飛ぶ夢をみたことがない」

 冬青さま発行 ZABADAK楽曲創作コンピレーションBOOK『THERE'S A VISION』収録

 

「ただしいおひめさま」

 Wilhelmina『姫君の匣』収録

 

「あおのはなし」

 平田有さま責任編集『YAMINABE Vol.1』収録

 

 トータルでも30000字も書いていない……なんということだ……。

 来年はもっとガンガンいきたいと思います!

 

 そして恒例の一年間の総括です。

 この年越し記事の設問はもともとアンケート企画でして、質問バトン的に回したりしてみなさまからの回答を募っていたものです。よろしければぜひ、みなさまもそれぞれにご自分の一年間を振り返ってみてください。

 よいお年をお迎えください!

 

・2016年のこの一冊! という本を教えて下さい。(2016年発行でなくとも構いません。コミック可)

 

(タイトル・著者名)

『赤白つるばみ』楠本まき

 

(コメント)

 いよいよ本が読めなくて、そもそも読み終えた本が一冊あるかどうか……というレベルの年だったんですが、かろうじてお正月休みにこれを読んだことを思い出し……。やっぱり楠本まきさんの漫画が好きだなあとあらためて思って嬉しくなった本です。

 キャラクターがみんなかわいくて『KISSxxxx』みたいに楽しめるのと同時に、好きな服を着て自由に人生を謳歌しているように見えるカッコいい老女のキノさんの、女友達との贅沢なバカンスの場面に「世界は悲惨で陰惨よ」「こうしている間も殺戮や搾取や弾圧が世界のあちこちで行われているじゃない」「そして私たちは見ないことで荷担している」っていう会話が入ってくるのがほんとうに印象的でした。

 

 

・2016年のこの一曲! という曲を教えて下さい。(2016年リリースでなくとも構いません)

 

(タイトル・アーティスト)

「Life is beautiful」Tourbillon

 

(コメント)

 2016年リリースだけでもBUCK-TICKの「New World」とかLUNA SEAの「I'll Stay with you」とかminus(-)の「Descent into madness」とか挙げたいのたくさんあるんですが、やはりTourbillonの新譜がいちばん感慨深かったので……2016年にまたTourbillonの新曲が聴けるなんてほんとうに夢のようです。Zeppツアーも楽しかったなあ!

「どんなことがあっても Life is beautiful」という詞もこんな時代だからこそ刺さった……

 

 旧譜では、Tourbillonの「your place」をよく聴いてました。あとBUCK-TICKがツアーで演ってくれた「見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ」は最高に今年の空気だと思った。

 ライヴで演ってくれなかったけど(笑)LUNA SEAの「CIVILIZE」も今の気分です。

 

 

・2016年一番注目していた人を教えて下さい。

 

(名前)

 妃海風

 INORAN

 

(コメント)

 宝塚歌劇を観るようになっていちばん意外だったのは、娘役さんをめちゃくちゃ好きになってしまったことです。どの組のトップ娘役さんもそれぞれにかわいいのですが、先日、星組を北翔海莉さんと同時退団された妃海さんはとりわけ目が離せなかった。北翔さんを心から慕っている感じが少女漫画のヒロインみたいで、妃海さんのおかげで眠っていた感覚がいろいろ蘇った気すらしています。

 INORANはもう20年以上ふつうに落ち着いて好きだったのに、今年突然すごく気が狂ってしまったので……10月にサイン会で「こんにちは」って言われてからはうわごとのようにINORANのことばかり口走っていた気がする……

 

 

・2016年の重大ニュースを3つ選んでください。

 

 1. イギリスのEU離脱

 2. アメリカ次期大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利

 3. 熊本地震

 いいニュースもひとつぐらい挙げたかったけど思いつきませんでした。

 

 

・2016年の流行語を勝手に選んでみてください。

 

「音楽に政治を持ち込むな」

 

 

・2016を漢字一文字で表してみてください。

 

「去」

 いなくなってしまった人がたくさんいたので。

 

 

・あなたが2016年一番嬉しかったこと/楽しかったことは何ですか?

 

 TourbillonのZeppツアー4公演を全通できたことはほんとうに楽しかったです。あいまにBUCK-TICKのツアーとVisual Japan Summitがあったりして案の定過密スケジュールに負けた10月でしたが、幸せな一ヶ月でした。

 10・11・12の3ヶ月はライヴが楽しかった記憶しかない……

 

 

・あなたが2016年一番悲しかったこと/辛かったことは何ですか?

 

 訃報が多くてつらい、というのは毎年思うことですが、今年はほんとうにしんどい訃報が多かったです。

 デヴィッド・ボウイに始まって、ZABADAKの吉良知彦さん、演出家の蜷川幸雄さん、雨宮まみさん、ほかにもたくさんショックを受けたような気がします。なかでもやはり森岡賢さんが急逝されたのはものすごくつらかったです。

 人はみないつか死ぬとわかっていても、できればみんな健康で長生きしてください……と思わずにはいられません。

 

 

・あなたが2016年ハマったもの(こと)を教えてください。

 

 なんだろう……あんまり思いつかない。意図的に、前々から親しんでいるバンド関連以外には心をもっていかれないようにしていたのかも知れない。

 あ、お芝居をかなり観ました。宝塚の影響もまああるけど、ストレート・プレイもよく観に行ったと思います。

 

 

・あなたにとって2016年はどんな年でしたか?

 

 世の中のこと、政治や社会のことはどんどんどんどん悪いほうにすすむように見えて怖かった。

 ただ、個人レベルではここ数年に比べたら何事もなく、淡々と過ぎたなあという感じです。おかげでボロボロになっていた何かがかなり回復してきた気がします。とにかくめちゃくちゃ過ぎるのがはやい一年でした。そんなに忙しかった覚えもないのに、一瞬で終わってしまった。

 

 

 ・2016年にやり残してしまったなあということはありますか?

 

 ありません。最近はもう、来年できることは来年やればいい、くらいの気持ちで生きている。

 

 

・2017年の目標を教えてください。

 

 幸せに暮らす。

 2016年の目標「生き延びる。できれば引き裂かれた状態から脱して、どんなコンテンツにも依存せずに」はわりと達成だったと思うので、2017年も引き続き頑張ります。

 それと、一人になることを怖がらない。

 

 

・2017年のヒットアイテムを予想してください!(グッズ、流行語、タレント、ファッション等)

 

 AR・VRは本格的に始まると思います。

 フィクションと現実の境目が見えにくくなるというか、物語を作中の「モブ」視点で楽しめるような構造のコンテンツも増えると思う。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL