『THERE'S A VISION』のことと近況のお知らせなど

 今日から黄金週間! ですが、私はひと足先にガッツリ休みをとって一週間ほど英国を旅行してました。
 十年ぶり二度めの英国でしたが、海外を一人旅するのは初めてで準備段階から周囲に心配をかけまくりつつ、なんとか無事に行って帰って来ました。カーディフに留学中の友人を訪ねて、彼女にガイドしてもらってお城をまわったり、聖ジョージの日のお祭りにソールズベリーで遭遇したり、キュー・ガーデンズを一日さまよったり、楽しかったです。
 毎度のことながら外国に行くと自分の語学力のなさがもどかしく歯がゆくなるよな……英語力…

 この時期に遊び暮らしているのは、この春は5月の文学フリマをはじめ創作文芸系のイベント参加をお休みしているからです。休む休むと言いつづけてようやくの半年のお休みなんですが、いざ休むとちょっと寂しい……
 とはいえ、ありがたいことにたいへん素敵な企画に参加させていただいたので、お知らせです。

 あずみさん主催のZABADAK楽曲創作コンピレーションBOOK『THERE'S A VISION』に小説を書かせていただきました!
 詳細はこちらから

 曲連想創作コンピレーションBOOKのご紹介
【5/4SCC】ZABADAK曲連想創作アンソロジー サンプル  [pixiv]

 小説・短歌・イラスト・漫画とバラエティに富んだ内容で、収録曲も参加メンバーもすごく豪華です。好きな曲と好きなかき手さまばっかりで震える……! 表紙も美しい……
 私は「飛行夢」をモチーフにして書きました。
 

 

 大好きな歌で、どうしても書きたかったのでおそれおおくも挙手してしまったのですが、難しかった……ちょっと自己完結っぽくなってしまったかもしれない……。一応、学園ものです。
 ひとりで浮いている予感しかしないですが、一読者としては今からめちゃめちゃ楽しみです。はやく現物を手にとりたい!
 5月4日のSUPER COMIC CITY25にて、西1ホール・E29b「冬青」さまと東2ホール・ぺ38「星ノ樹」さま(委託)で頒布されるとのことです。

 また、5月1日の文学フリマで頒布される本ではBL俳句誌『庫内灯』(ス-15)、性別越境アンソロジー『兼ネル』(セ-17)にも書かせていただいてます。『庫内灯』に載せていただいてる掌編は文学フリマガイドブックにもご紹介いただいてるのかな?
 どちらもほんとうにいいご本なので、まだお持ちでない方はこの機会にぜひ!

 夏以降はWilhelminaも動き出す予定です。
 去年発行の天使本『el』は架空ストアさまで引きつづき絶賛通販中なので、こちらもあわせてよろしくお願いいたします!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL