第20回文学フリマ東京&コミティア112 ブースNo.と販売物

 金沢ではありがとうございました!
 なんとか無事終わった〜と思ってぼんやりしていたら案の定あっというまに黄金週間です。直前ですが、4日と5日のイベント参加のお知らせです。 

 2015年5月4日(月祝) 11:00〜17:00
 東京流通センター 第二展示場
(東京モノレール 流通センター駅 徒歩1分)
 B-39「痛覚+Wilhelmina
 イベントの詳細はこちらから。

 2014年5月5日(火祝) 11:00〜16:00
 東京ビッグサイト 東4・5・6ホール
 東5 W06b「痛覚+Wilhelmina」
 イベントの詳細はこちらから

 新刊はWilhelmina主催の天使をテーマにしたアンソロジー『el』です。
 誌名はヘブライ語由来の天使の名前には「−エル」がつくことに由来しています。「神」を指す一般名詞として旧約聖書にも用いられている語だとか。

el
 執筆メンバーと収録作品のタイトルは以下のとおりです。

 犬塚暁「ガブリエル」
 あずみ(冬青)「レニングラード(1988)」
 柳川麻衣「羽」
 穂崎円「ハロー、ニュー・ワールド」

 (収録順・敬称略)

 ゲストにあずみ様をお迎えし、以上の四作品を収録してお届けします!
 義体、フィギュアスケーター、ヴォーカリスト、アヴァター、それぞれに宿る天使をお楽しみください。
 なお、文学フリマではB-40「冬青」さまと合体配置で、天使モチーフ繋がりということであずみさんの歌姫シリーズ『ワスレナウタ』と『el』の合同フライヤーも配布します。歌姫シリーズはきれいごとだけでない女の子ふたりの感情が、すごくきれいなタッチで描かれている素晴らしい百合で、私も大好きなのですごく嬉しい……ありがとうございます……!
 ぜひ、あわせてチェックしてください。

『el』 オフセット/文庫版/140頁 600円
『I Say Hello』 オンデマンド/文庫版/80頁 300円

 また、既刊の『I Say Hello』は金沢でも手にとっていただけて嬉しかったです。ミーナって何者なの? 本買って大丈夫なの? という方は、お値段・ボリュームともに軽めなこちらからどうぞ〜。

『ロータス』 オンデマンド/文庫版/420頁 900円
 
『きみとダンスを 百合詞華集』 オンデマンド/新書版/128頁 800円

『共有結晶 Vol.2』 オフセット/A5/164頁 800円
『共有結晶 Vol.3』 オフセット/A5/180頁 800円

  今回は小説ジャンルですが、金沢でご好評いただけた短歌中心百合アンソロジー『きみとダンスを』東京での初売りとなります。短歌中心といいつつ、編集した私が散文畑だったせいなのか小説のボリュームも結構ありますので、小説が好きな方にも是非お読みいただきたい一冊です。
 なお、私は以前にペーパーで配布した河野裕子の「たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか」をもとにした掌篇を出しました。『ロータス』のスピンオフです。
 あわせて引き続き『共有結晶』もお預かりしますので、まだ手に入れていないという方はぜひこの機会に!

 久々に新刊を携えてのイベント参加で今からとても浮かれています。
 TRC&ビッグサイトでお会いしましょう! よろしくお願いいたします。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL