第19回文学フリマ 参加のお知らせ

 すっかり冷え込んできましたね……。秋から冬への変わり目って、何を着たらいいのかわからなかったりヒーターをつけていいのかどうか迷ったりするせいで、真冬よりも風邪を引きがちな気がするのは私だけでしょうか……今年は10月からホットカーペットが大活躍です。
 さて、もう一週間後には文学フリマです。一年ぶりに参加いたします。

2014年11月24日(月祝) 11:00〜17:00
東京流通センター
第二展示場 E・Fホール
(東京モノレール 流通センター駅徒歩1分)
B-68「痛覚+Wilhelmina」

 イベントの詳細はこちらから。

 Wilhelminaはビートルズトリビュート本『I Say Hello』、痛覚は『ロータス』を持ってゆきます。どちらもご好評いただいている定番品ですので、はじめましての方やまだお持ちでないという方はこの機会にぜひ!
 また、穂崎さんが超短編フリーペーパー「コトリの宮殿(声に出して読みたい超短編)」を配布予定とのこと。超短編マッチ箱さんの企画かな? 穂崎さんは気がつくといろいろ活躍していて今回も多方面に寄稿しているようです(笑)

 寄稿といえば、今年もBL短歌合同誌『共有結晶』第三号と、あと性別越境アンソロジー『兼ネル』に参加させていただいてます!
 絶対移動中さん・1103号室。さん共同主催の女装男子本『花と蜜と女装男子』も東京は初売りかな? 既刊では、『金魚ファーラウェイ』が一角さんで委託されるそうです。
 どれも超豪華メンバーによるアンソロジーなので、どうぞよろしくお願いいたします!

 今回、Wilhelminaはゲスト様をお迎えして新刊発行を予定していたものの、制作が難航してイベントに間に合わせることが出来なかったため、延期することになりました……。
 ほとんど告知していなかったのですが、冊子のカタログのサークル紹介には書いてしまったので……大変申し訳ございません。
 来春には発行したいと思っておりますので、今後ともWilhelminaを見守っていただけると嬉しいです。編集責任者は不甲斐ないですけど企画もゲスト様も最高なので……! 絶対にいい本を作りますので……!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL