第二回文学フリマ大阪のことなど

 残暑、っていうほど暑さが厳しくなく助かっています。とはいえ、各地で豪雨がすごいことになっていて心配ですね……。何だかやたらと気象災害が多いような気がしますが、前からこんなもんだったっけか。
 コミティアのお礼も出来ないまま更新を途絶えさせてしまいまして、もういつものことなんだけど申し訳ありません、その節はありがとうございました……。イベント後の打ち上げがたいへん濃かったことが印象に残っています。
 いまの木造アパートに引っ越して半年以上経ちました。夏は乗り切ったけど、この部屋、寒くなったらどうなんだろ……とか思ってたけど、そもそも真冬の厳寒のさなかに引っ越したんだった。あっというますぎてびっくりする……! 実はその前の住まいでは正味5ヶ月半しか生活しなかったので、すでにいまの部屋で同じだけの時間を過ごしたことになるのですが、体感がぜんぜん違う……一瞬だった……

 そうこうするうちに明日は第二回文学フリマ大阪です。
 私は東京で作文するだけの三連休ですが、ありがたいことに私の書いたテキストは幾つか大阪に運ばれていますので、少しお知らせを。

 絶対移動中と1103号室。さんの新刊『花と蜜と女装男子』に参加させて頂いています。こちらの女装男子本は以前に出ている2冊とも即買いして愛読していたので、今回書かせていただけてすごく嬉しいし、光栄です!
 私は「オリジン・オブ・ザ・フェイク・ワールド」というコスプレ系女装男子の話を書きました。女装男子本のシリーズは第三弾の今回でファイナルとのことなんですが、私が女装男子モノを書くのもたぶんこれで最後だと思います(少なくともしばらくは)。このテーマで書きたいことはだいたい書いてしまったので。
 ここ最近はWilhelminaの合同誌がメインだったので毛色の違うものを書いてましたが、この話はわりと痛覚モードだと思います。安定の痛さとキモさ、そして相変わらずマルイワンへ行く主人公(さすがに今回はアナスイとゴルチエとモワティエとアウアアは自ら禁止しました)。自分でも書いてて、久しぶりだな〜この感じ! と思った(笑)「切ない、かわいい本」なのに私のだけ浮いているのでは……というのが心配ですが……。あと、「ちょっとエッチ」ということだったので多少いかがわしい場面があります。頑張りました。
 大阪文フリに行かれる方は私より早くこの本を読めるのかと思うと妬ましい……。私も早く手にとって読みたいな〜!
 ブースはC-02[絶対移動中]さんでお求めになれます!(おとなりC-01は共同主催の[1103号室。]さんで、こちらの小説もとてもオススメ)

 あとは既刊ですが『共有結晶』Vol.1とVol.2もE-23[cieliste]さんのブースに委託されます。Vol.3の内容を一足早くお届けする告知フライヤーの配布もあるようですので、是非よろしくお願いいたします。
 ちなみに[cieliste]の壬生キヨムさん、更におとなりE-24[ヨモツヘグイニナ]の孤伏澤つたゐさんはいずれも共有結晶に参加なさっておられますので要チェック! 共有結晶参加メンバーだと[B-32 夜更社]の正井さんもいらっしゃいます。
 また、E-17[一角]では春に掌篇を書かせていただいた『金魚ファーラウェイ』が委託されるとのことです。

 書いてたら私も猛烈に行きたくなってきました。欲しい本がいっぱいありすぎる……。せっかくBUCK-TICKの大阪公演と日程がかぶっているんだし、行けばよかったなあ……
 しかし上半期いい気になって見境なくチケットを取りまくったおかげで現在私は財政破綻を起こしており、もはや何の余裕もないのに新たなエントリーはしてしまう……という破滅的な経済状況なので、やはりおとなしく東京で盛会を祈らせていただきます。書かなきゃいけない作文もてんこ盛りだしな(涙目)
 参加される皆さまはどうぞ楽しんでいらしてください!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL