第16回文学フリマin大阪 告知4・痛覚+Wilhelmina

 今回の当ブースの目玉は何といっても、Wilhelmina主催の神父をテーマにしたアンソロジー『Kyrie eleison』です!
 あらためて執筆メンバーと作品タイトルを紹介します。

 犬塚暁「我ら、死への道程の半ばにありて」
 磯崎愛(唐草銀河)「王と修道士」
 瀧沢諒(K405)「プロビタス」
 柳川麻衣「灰は灰に」
 穂崎円「コーリング」

 (収録順・敬称略)

 内容については、穂崎さんがかっこよすぎるdenkinovelサンプルを作成してくださったので、是非ご覧ください。世界観を感じていただけるかと。

 ふたたびWilhelminaとして、こうして本をつくることができてすごく楽しかったです。
 一年前くらいにツイッターでぽろっとつぶやいた妄想を、素晴らしいゲストを二名もお迎えしてこんなふうに実現できるとは……もう、この豪華メンバーから原稿をいただいたという点に関しては私は本当に偉かったと思います(笑) 自分で自分を褒める。
 内容に見合うよう装丁も頑張りました! 黒地に銀刷り、題字は金の箔押しです。
 修道騎士、聖ドニ修道院長、カメルレンゴ、エクソシスト、アンドロイド(!)とバラエティ豊かな神父たちの物語を、どうぞお楽しみください。

 おさらいを兼ねて当日の販売物をまとめます。
 

Wilhelmina
『Kyrie eleison』 オフセット/文庫版/172頁 1000円

痛覚
『ロータス』 オンデマンド/文庫版/420頁 900円

唐草銀河さま(委託)
『素描―触れ合わぬ手―』 オフセット/A5/52頁 450円
『美の女神、海へ還る 他一篇』 オフセット/A5/36頁 300円
『夢のように、おりてくるもの』 オンデマンド/A5/92頁 500円 

Cult Trashさま(委託)
『Chrome Exhaust―Black Russian―』 オフセット/A5/64頁 600円


 当日はWilhelminaの三人で店番をしておりますので、遊びに来てくださいね!
 A-15[痛覚+]でお待ちしております。お会いできるのを楽しみにしております。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL