第16回文学フリマin大阪 告知3・痛覚

 痛覚からは『ロータス』を持ってゆきます。今回持ち込むのはすべて、誤字脱字を修正した2刷です。ついでに表紙とトビラのデザイン、用紙などを少し変えたので1刷より薄くなりました(笑)
 1刷をお持ちの方は、ご希望であれば2刷との交換を受け付けます。お声がけください。また、連作をバラでお手持ちの冊数分×100円引きも続行ですので、遠慮なくお申し出ください。

 ありがたいことにamazonに納品していたぶんが完売してしばらく出荷不可だったのですが、こちらにも2刷を追加納品しまして、現在ご注文の受付が再開されています(商品ページはこちら)。あわせてよろしくお願いいたします。

 ツイッターでも公開しましたが、『ロータス』にいただいたご感想をこちらにも貼っておきます。

 『ロータス』感想まとめ

 私は名もなく、趣味の範疇で小説を書いているにすぎない無力で小さな存在ですが、これほどまでに真摯な感想をいただけるというのは書き手として本当に得難い幸福だし、恵まれていると心から思います。どれほど感謝しても足りません。
 ありがとうございます。
 書き終わるとそれで気が済んでしまって、読み手の反応はさほど気にならないほうなのですが、『ロータス』に関してはものすごく不安で、私にしては本当に珍しくものすごくリアクションが欲しかった(笑)ので、いつもにもましてご感想がありがたかったです……。
 よろしければ「どの話がいちばん気に入ったか」だけでも教えていただけるととても嬉しいです。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL