春のイベント参加予定など

  お知らせが遅くなりましたが、春のイベントは4月14日の第16回文学フリマin大阪、5月5日のコミティア104への参加が確定しています。
 今回は、私の個人誌以外に合同誌や委託など色々持ってゆく予定なので、屋号は[痛覚+]です。ブースナンバー等詳細が出たら順次お知らせしていきますね。

 さて、春の新刊は神父アンソロジー『Kyrie eleison』を予定しております。
 吸血鬼アンソロジー『吸血綺譚』に引き続き、Wilhelmina(犬塚暁・穂崎円・柳川麻衣の三人ユニット)発行ですが、今回はゲスト様を2名お迎えし、総勢5名でお送りいたします!
 オリジナル・二次創作を問わず活躍なさっている方ばかりの豪華な顔ぶれで、舞台も中世から遠い未来までと幅広く、とても多彩なアンソロジーになりそうです。
 私の長年の「神父」という存在への過剰な思い入れから始まった企画なのですが、皆様お忙しい中快く引き受けてくださり……しかも「カトリックの司祭をテーマにしたお話を」とだけお願いしたのに、あの、なんというか背徳的な……ちょっと官能的な要素を入れてくださいまして(笑)、もう幸せで胸がいっぱいです……!
 どうかご期待ください!

 あと、ようやく『ロータス』を読み返して山のような誤字脱字に絶望しています……。
 こちらも訂正して二刷を出しますので、よろしくお願いいたします。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL