BL短歌なバレンタイン・2

  私の拙いバレンタインBL短歌もまとめておきます。

 ・『共有結晶』ウェブサイトに提出した「ちよこれいと」リレー短歌

【ち】近づけば手が届きそう抱きしめてくちづけられそう すべて錯覚
【よ】夜の底静寂(しじま)に積もる雪の上君と並んで横たわれたら
【こ】このままで、もう永遠にこのままで 黙って二人ココアを啜る
【れ】冷凍庫奥深く転がしたまま恋心などなかったことに
【い】古の聖ヴァレンティノ殉教日 婚儀の君に手向けの花を
【と】遠ざかる君の幸福祈りつつ噛み砕くチョコレイトの苦さ

 ・VdBL短歌タグで投稿した短歌

詰襟の学生二人生真面目に舐めるダーク・チョコレート・デカダンス
ジャン=ポール・エヴァンの店内冷やされて熱をもつのは少年の耳
You're My Fuckin' Valentine! ひとの気も知らずデルレイ溶かしてる舌
100%チョコレートカフェの避妊具(ゴム)に似た包装を口でやぶいて笑う
今夜だけピエール・エルメのショコラ・ショー媚薬がわりに珈琲に混ぜ
灰は灰、塵は塵へと恋心 ショコラ・ドゥ・アッシュの一粒をおく
むかい合いデメルにはしゃぐ僕たちをわらっていいよ、見せつけるから
テオブロマ 甘い礫を詰めた箱背中を狙って投げる(好きだよ)
六花亭 いちごをチョコで包むよに出張みやげと言って渡すよ
ゴディバよりピエール・マルコリーニより赤いガーナと溶かした本気

 ・返歌

(ネムカケス @kakesunemuさんの「杯にホットチョコレートを注ぎ『これが私の血」と言えよ、ほら』に)
ひといきに飲み干す君に祝福を 甘い躰を捧ぐ聖餐

(yen @golden_wheatさんの「恋だとか分からぬと泣く木こりにはこのチョコをやる幸せになれ」に)
なぜそれを俺にくれるの? 一粒のチョコが痺れるほどに甘くて

 

 ……思ったよりつくったなあ……。もう私には五七五七七のパズルすら無理! つくれない! と思っていたのに……
 個人的な趣味で有名チョコレートブランドの名前を使っていたら、BLでもバレンタインでも短歌でもなくチョコレート五七五七七になってしまった気がする……。ただ、長ったらしいカタカナを三十一文字におさめようとすると自ずと入れられる位置が限られてきて、しかしある程度動かせない部分が固まっていたほうがつくりやすいのかなあとも思いました。

 寝ても覚めても五七五七七で指を折ってはうんうん唸っていた一週間、とても楽しかったです。
 短歌ももっとうまくつくれるようになりたいなあ。とりあえず今は頭を小説に切り替えます!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL