紙媒体 > 「ロータス」

 昨年末から時間の流れが速いです。自分でも何だかよくわからないうちにもう2月……。あ、でも去年の今頃もこんな感じだったような気もするな……大ちゃんが大ちゃんで大ちゃんなんだよね! と夜も昼もなくわあわあ言っているうちに何か日が経ってる、みたいな。夢中になる相手が変わっただけで基本同じことを繰り返しているのか……進歩がない……
 いやホント白塗りのピコピコが熱いです。熱すぎて大変。
 シングルが出て、Mステとかでばんばんプロモーションして、アルバムを引っ提げてアリーナorドームツアー、というメガバンドのファンからライヴ人生をスタートさせていて、最近ようやくライヴハウスへも行くようになったとはいえENDSなんかでもワンマンは当たり前なので、対バンいっぱいとかライヴ会場限定発売の音源とか、色々知らなかった世界に足を踏み入れています。ライヴ会場で音源を買うという発想はなかったし、最近はあまりツアーグッズも買わないので、ライヴ当日はごはん代ぐらいしか持ってなかったりするんだけど、それじゃダメっぽい(震)

 そうそう、ようやくサイトを更新するにあたって、ファイルをチェックしがてらうっかりBUCK-TICKの英彦さんが好きすぎてきもちわるかったころ(笑)に書いた小説を読み返してしまったのですが、あまりの私小説ぶり&私の成長のなさ&登場するギタリストの名前が「ヒロム」、とトリプルで悶えさせられました。最後のはべつにどうでもいいんですが(笑)「ヒロム」って初恋(保育園)の男の子の名前で、それを使ったんだよね〜そういや、とか世界でいちばんどうでもいいことを思い出してまた悶絶。
 ちなみに100の004「マルボロ・メンソール・ライト」という話です。あの魔境からは脱したと思ったんですが、今また結構床を転がり暮らしてます(苦笑)

 ……すみませんこんな有様で更新もすっかり遅くなってしまいました。
 第11回文学フリマで発行した新作、『リップスティックのL』の詳細を「ロータス」頁に追加しました。連作も残すところあと二つまできたので、何とか年内に完結させられたら……と思っております。

 あー、いい加減音楽に溺れてないで読んだり書いたりしなければ。
 とか言いながら今週の金曜日もライヴに行くことにして前売りを取ってしまった。だって写楽氏が見たかっ……あー。毎日楽しいけどFLOPPYのふたりが好きすぎてつらい。この「好きすぎてつらい自分がきもい」というところから、せめて次作のネタを拾う日々です。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL