40 > 27. 芝居

 唇がふれるギリギリに顔を寄せた瞬間に暗転、途端に彼は体を離して下手にはける。止まない客席の大歓声を聞きながら、僕は現実に戻れない。(65字)

----------

 さっきyoutubeで見た動画の場面をほぼそのまんま書いてしまった。ちょっと衝撃的すぎて……! 某ステージ映像だったんですが、いくら演出だってわかってたって目の前であんなことされたらファンは妄想と現実の区別がつかなくなるに決まってる。
 さんざん悩んで色んなシチュエーションを考えたんですがどうしてもまとまらず、結局BL(?)になってしまった……すみません。よりによって最後のお題がBLで締めって。
 でもこれでようやく40のお題コンプリートです! 年内に終わらせられてよかった……。後日、1ページにまとめたいと思います。

 ようやくPCを買い、光も開通して快適ネット環境を手に入れました!
 これで更新もバリバリできる……はず(なんですが……つい動画を見てしまっ……死)年内に文学フリマ新作のご案内も載せられるよう頑張ります。
 で、それに伴ってtwitterを始めてみました。IDはasa_coです。大したことは呟いてないですが、いずれ痛覚関連のお知らせなんかにも活用していきたいなー。

 今日は毎年恒例BUCK-TICKのDIQ@日本武道館でした。もう第九みたいな感覚になりつつある……。久々に「ミウ」が聴けてよかったなあ。

40 > 05. 学ぶ

 氷上に十何回目かの派手な尻餅をついて、少女は、先生の言ってる事がわかった、と呟いた。そして次のジャンプに向かって力強く滑り出した。(65字)

----------

 今シーズンはかなり張り切ってフィギュアのグランプリシリーズを見ていたんですが(TVを見るためだけに実家に帰ってまで)、肝心のグランプリファイナルが見られなくて残念です。あ、SPは見たんですけど(そんなことしてるから寝ないでイベント参加する羽目に……)。安藤美姫が優勝するかと思ったんだけどね〜!
 そんなわけで何となくフィギュアっぽい雰囲気に。何かを学び取るときって結局は体で掴むしかないと思う。そのためには理論も必要なんだけど。

 文学フリマでいただいたお菓子をゆっくり食べています。ごちそうさまです!
 アーモンドドラジェ(クリスマスっぽくてすごくかわいい。これ妖精さんがくれたんだぜ!)もトフィーナッツパイもおいしくてしあわせです。
 週末は慰安旅行で熱海で温泉つかってくるし、ここからは年末まで楽しいことばっかりだ〜。まったく苦あれば楽ありですね!

40 > 34. 今昔

 昔はレコードに針を落とす手が震えたと呟くと、DLした新曲を初めて聴く時は今もアガりますよ、とiPod nanoを手に後輩が笑った。(65字)

----------

 私自身はレコードに針を落としたことがなくて、中古CD屋でバイトしていたとき10歳上のおねえさんに驚かれたことがあります。
 それがもう今から10年近く前で、私も当時のおねえさんの年齢になろうとしていますが、配信とか着うたとか、音楽メディアの変遷にサッパリついてゆけずにいます。ようやく最近、初めてiTuneストアで曲を買いましたよ。
 クリックひとつで音楽がダウンロードできて、あんな小さい携帯プレーヤーで1000曲も2000曲も持ち歩けるというのは不思議な気もしますが、レコード盤だって結構不思議だよね……仕組みがわかっていても、かたちのないものを再現できるということ自体が何かこう、不思議だ。

 そしてメディアが変わっても変わらないものもあり……
 20年前と変わらない若々しい声で歌う50歳(!)の宇都宮隆をDVDで見てしまった2週間前から、我ながら引くほどの勢いでTMに夢中です。延々聴いています。
 うっかりソロライヴのチケットも取ってしまった……文学フリマ準備が佳境に入ろうかという日程なのに……ああああ!!
 しかも私リアルタイムではぜんぜんTMに興味なかったんですよね……なぜ今更? とか弟に真剣に訊かれましたが、そんなことは私が一番知りたいのです。なんで?! なんで今? しかも本当は浅倉大介を布教される予定だったのに、なんで宇都宮隆?!

 錯乱しているうちに11月になってしまいました。が、がんばろう……

40 > 21. 神秘

 月が満ちるごと分裂を繰り返し、魚からとかげ、鳥から獣へ五十億年のトンネルをくぐり、堆積する輪廻の記憶を一時手放して、生まれ落ちる。(65字)

----------

 めでたくお母さんになった友人を訪ねて、赤ちゃんにも会わせてもらってきました。
 かわいかった……! 寝ながらぐにぐに動いたり微笑んだりしてて、いつまで見ていても飽きない!
 友人も元気そうで良かったです。あんないとしいものをこの世に生み出すなんて大仕事だよ……とあらためて感じた。ちなみに友人は分娩時に受けた処置を冷静かつ克明に記録していて、頭のいい理系はひと味違うなと思いました(笑)

 子ども、すっごく欲しい時期もあったんですが、年々自分が子どもを持つイメージが非現実的になってきて、最近はすっかり今生では無理だろうな……と諦めの境地です。
 なんですが、ここにきて職場でも妊娠報告が続いたりしたので、やっぱりいいなあ……いたらかわいいだろうなあ……とつい夢想してしまいがちです。来世に期待!(口癖)

40 > 20. 怒り

 殺気立った民衆から石とともに神をも畏れぬ罵声が飛ぶ。囚われた青年の瞳に不穏な光が閃いた刹那、雷鳴が轟いた。人々は俄に立ち竦んだ。(65字)

----------

 こういうちょっと現実離れした設定は、書いてる私は楽しいのですが、うまくいっているのかどうかよくわからないアウェイ感がいつもあります。
 ああ、9月中に終わらせられなかった……

 文学フリマ、ブース取れました!
 今回は「痛覚+Wilhelmina」で出ます。いつもの痛覚のほかに、吸血鬼アンソジーと、犬塚さん・穂崎さんの個人誌も並ぶと思います。そして前回『闇に願いを』を委託させて頂いた井上さんのブースとお隣どうしになる予定です(井上さんが申請出してくれました。ありがとう!)

 ちなみに、私はアンソロジー用に書いた作品を先に個人誌として出してしまっていますが、現在改稿作業中で、どうやらラストが変わりそうな感じです……。

40 > 08. 癖

 知らない、と君は薬指と小指で頬を掻きながら言う。ああ、また。その仕草はいつも、君の真意が言葉と裏腹なことを雄弁に告げている。(62字)

----------

 嘘を吐くときの君の癖。

 放置しすぎてどこまでクリアしたのかすらわからなくなっていた40ですが、あらためて見直したらあと5つぐらいだったので、今月中に終わらせるいきおいでやっつけたいと思います。65文字×40本に3年もかかるってあんまり怠惰すぎる。

 8月末に家出をして、ひとりで寝起きを始めたのですが、いかんせん生活環境の変化とやらなければならない膨大なことに脆弱な心身がついてゆかず(……)、いっこうにモノが揃わないまましょっちゅう実家に戻ってきてごはんを食べさせてもらう体たらく。
 この連休も立山・黒部アルペンルートを踏破して黒部ダムを見て、帰ってきてからは結局ずっと実家におりました。猫もいるし。明日は棚を組み立てにK町(新居)へ戻るけれど。
 実家でだらだらしているだけで貴重な休みを消費してしまった……

 せめて何か実家でなければできないことを……! と思ってメモ帳をリニューアルしました。
 リニューアルしたばっかりなのに、どうせブログにするならセンチメブログと一本化したほうが良かったかな〜、などともちらちら思っています。

40 > 26. 死

 お見舞の帰りによく寄った店の定食を時々思い出す。もう二度と食べられない気がする。彼女が去った今、あの町に行くこともきっともうない。(65字)

----------

 昨年の初冬に祖母が他界しました。
 彼女が入居していた老人ホームは海に近いとても感じのいい町にあって、遠足気分でよく顔を見に行っていたのですが、あ、そうかもう行かないんだ、「こじま」のフライ定食もう食べられないんだ、と今年に入ってから急に思ってびっくりしました。
 これが身近な誰かを喪うということかとあらためて思います。あたりまえだと思っていた日常生活が、欠けてしまうこと。

 そういうわけで新年のご挨拶は控えさせて頂いて、寒中お見舞い申し上げます。
 もう1月も終わるのに寝言いうなよって感じですが……

 今年も文学フリマには2回とも申し込むつもりでおります(そういえば第8回の受付はもう始まってますね)。
 加えて、いつもお世話になっている明日香ちゃんを中心に、小説書きが4人集まって頑張る企画(笑)に入れてもらっていまして、こちらも動き始めています。かなり楽しみな感じです。詳細をおいおいお知らせしたく思ってますので、よろしければ気にしてください!(笑)
 4人合同の企画の本番が4月、第8回文学フリマが5月なので、うかうかしてられないんですよね……。今からキリキリ書かないと! 結局去年一年持ち越してしまった「TV/CD」を何としても春までには……これ以上引きずりたくない……!(書くのがしんどいから)
 連作をどんどん書いていくのももちろんだし、今それ以外でも少し書きたいことがあるので、頑張ってかたちにしていきたいと思います。

 ちなみに最近よく読んでいるのは、やおい・BL評論です。学生時代に読もうと思って結局今に至るまで未読な『タナトスの子供たち』や『私の居場所はどこにあるの?』を今更読もうとしています。あと少年もののマンガ。
 自分でも自分に何のスイッチが入ってるのかよくわかりません。あ、芥川賞を受賞した津村記久子氏の『ミュージック・ブレス・ユー!!』は面白かったです。

 今年もよろしくお願いいたします!

40 > 30. イベント

 喧しい音楽とはしゃぎ声、甘いのや辛いのが入りまじった匂いに取り巻かれて立ちすくむ。入場券を買ったのに、踊りの輪には入っていけない。(65字 )

----------

 せっかくハロウィンの日なので、お題もそれっぽく「イベント」で。実際に念頭に置いてるのは学園祭やデザイン・フェスタ、あるいはサマソニやフジロックなどの音楽イベントです。
 お祭り好きなもので、当初はストレートにイベントの場の昂揚を書いていたんですが、何となく塚本邦雄の

 五月祭汗の青年 病むわれは火のごとき孤獨もちてへだたる

 ……みたいな気分にしたくなって作り直しました。

 小説を書き終える前に働き始めてしまいました……根性無しですみません……。教育系の出版社に派遣されて事務員をしています。
 まあ、家にいても寝るかDSでDQ5やるか以外できなかったので……。今年はそれこそイベントやライヴで発散する機会があまり無くて、DSでいつでもどこでも現実逃避です。9月は周囲の人よりゲームの世界の妻子と会話してた時間のほうが長い気さえする。デボラが可愛いんですヨ!
 あ、B'zのLIVE GYM(念願)には行けたんですが。B'zとかDQとか、(ものごころついてからの)自分の構成要素の最も古い地層を掘り返しているなあ。原点回帰しすぎじゃないか。
  
 寒いので、ふとんにもぐってesでこれを書いています。空気も急に乾燥してきたし、風邪を引かないようにしなくては。

40 > 03. 卒業

 ずっと叔母さんとこにいさせて? 泣き出しそうな目で繰り返していた姪が今日、自分でドアを開けて出て行った。葉桜の中、笑顔で手を振って。(65字 )

----------

 某大学の書籍購買部にいた期間も含めて、本屋さんだった3年半と少しはとても楽しかった。
 それはあの時間が私にとっての最後の(?)モラトリアムだったから、でもあるんでしょうね。

 3月から服飾資材を扱う会社で働いています。
 最初のうちは「やっぱり本から離れるんじゃなかった……」と未練たらしくくよくよしたりも随分しましたが、ようやく吹っ切れてきました。「どこだって同じこと 覚悟をきめて」と遠藤くんも歌っている。
 幸い周囲の人は皆優しいし仕事も(わからないなりに)面白いので、しばらくはここで頑張りたい。

 さて、お知らせです。春の文学フリマ、ブース取れました!
 また後ほど詳細を告知しますが、皆様お誘いあわせのうえ遊びに来ていただけると嬉しいです! 5月11日ですので何卒。
 何とか新作持ってゆければいいなあ……(敵は睡魔です)

40 > 07. ペット

 どこでも一緒に連れてってくれて可愛いって言ってくれて今も髪を撫でてくれていても、寂しい。彼の携帯電話の向こうの男友達になりたい。(64字)

----------

 街中や駅で、やたらぺたぺた男の子が女の子を触っているカップルを見ると、愛玩動物なんだね、と思ってしまいます。
 まあ、さわり心地いいからね、女の子は。

 やっと全てがひと段落した……と思った途端に体調を崩し、胃腸炎で救急へ運び込まれたりしてました。仕事以外はほとんど家にいてぼんやりしています(点滴の効果と気合いで城の引退試合だけは行った)。もう元気ですけどね〜。
 来月から環境が変わるので今のうちにゆっくりしておこうかと。
 今年は雪がよく降って寒いので、みなさまもお体お大事に!

 いま一番欲しいものは春の文学フリマのブースです。